ワーズカフェは珈琲と食べ応えのあるカツサンドのお店 南森町「words cafe.」

ワーズカフェは、南森町の大阪天満宮裏参道にある珈琲とカツサンドのお店です。上方落語の寄席である天満天神繁昌亭が近いこともあり落語家をはじめ芸能に関係する方のサインが店内を埋めています。

ワーズカフェ

大阪梅田からひと駅となりの南森町エリアに大阪天満宮の裏門近くにお店を構えています。最寄りは大阪メトロ谷町線と堺筋線「南森町」駅、またはJR東西線の「大阪天満宮」駅です。
国道2号線から松屋のとんかつチェーン「松野屋」を大阪天満宮の裏門の方に進むと、左手に見えます。

お店の外観、内観

店内は、これから開催される落語の講演会チラシや過去にお店が紹介されている雑誌で溢れています。また本棚には漫画も置かれています。

壁という壁には、芸能に関係する方が来店時に書かれたサインが残されています。

2人用テーブルが5つと、カウンター席。4人ほど座れるテーブル席があります。今回は、2人用テーブルが埋まっていたため、空いていた4人席に座りました。

メニュー

メニューを開けるとまず4種類のハーブティー。

  • ローズヒップティー(¥600)
  • フラワリーオレンジ(¥600)
  • ワイルドベリー(¥600)
  • リフレッシュブーケ(¥600)

ハーブティー裏面は甘酒ラテや甘酒をおすすめされている。そしてワーズカフェで定番サンドイッチとホットアップルパイが紹介されています。

  • カツサンド(¥750)
  • エビフライサンド(¥750)
  • ふわふわタマゴサンド(¥700)
  • カツカレー(¥850)
  • エビフライカレー(¥850)
  • しあわせのホットアップルパイ(¥800)

珈琲やエスプレッソドリンクのメニューとデザートメニュー。ホットケーキもあります。

  • ブレンドコーヒー(¥400)
  • アイスコーヒー(¥400)
  • カフェオーレ(¥550)
  • ウインナーコーヒー(¥550)
  • ラテマキアート(¥600)
  • エスプレッソマキアート(¥500)
  • エスプレッソコンパナ(¥500)
  • カフェラテ(¥550)
  • カプチーノ(¥550)
  • エスプレッソシェケラート(¥500)
  • ミックスジュース(¥600)
  • バナナジュース(¥550)
  • レモンスカッシュ(¥600)
  • ホットケーキ(¥600)
  • シフォンケーキ(¥600)
  • アイスクリーム(¥400)
  • アフォガード(¥650)

ワーズカフェでは、アルコールメニューも揃っています。

  • 生ビール(¥500)
  • カクテル(¥600〜¥700)
カツサンド(¥750)

分厚いカツが挟まっているカツサンド、大阪市内の小林木村家の食パンを使用している。

アイスコーヒー(¥400)

大阪で本格的なカツサンドが食べれるワーズカフェ。大阪梅田からであればひと駅の距離のため、アクセスも抜群によし。大阪天満宮の参拝とセットでワーズカフェをおすすめします。

店舗基本情報

「ワーズカフェ」
営業時間:11:00~23:00
(土日祝)11:00~19:00
住所:大阪市北区天神橋2-5-18
定休日:月曜日
電話番号:06-6353-1980
備考:ホットアップルパイは土日祝のみ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

このお店の近くにあるカフェ・喫茶店

  1. モーニングの充実度とコスパで天神橋界隈トップクラスの喫茶店 南森町「三丁目の珈琲店」

  2. ド迫力!朝8時からのたまごサンドモーニング 南森町「パンとエスプレッソと南森町交差点」

  3. 大阪天満の純喫茶ビクターはステンドグラスが印象的な空間 扇町「喫茶ビクター」

  4. サイフォンコーヒーと緑が見える特等席のある喫茶店 南森町 天神橋筋商店街「珈琲館 潤」

  5. 大阪・天神橋筋商店街でモーニングに行きたい喫茶店 南森町「珈琲館 麗門」

  6. 大阪天満宮すぐそこ!創業40年の喫茶店吉田が仕込む本格ビーフカレー 南森町「珈琲館吉田」