ブルーボトルコーヒー神戸カフェ、7月20日に大丸神戸店近くでオープン

ブルーボトルコーヒー神戸カフェが、2018年7月20日に神戸元町の旧居留地エリア(神戸市中央区前町1)にオープンする。大丸神戸店の1つ南側ブロックで海側の前町通の路面店となる。日本国内では9店舗目、関西では2018年春に京都市内の南禅寺参道にオープンした「京都カフェ」に続く2号店目となる。

大丸松坂屋百貨店が、J.フロントリテイリンググループが掲げる「アーバンドミナント戦略」の一環として、「神戸・旧居留地における周辺店舗開発」を推進しており、関西1号店である「ブルーボトルコーヒー京都カフェ」に続く誘致を行い、オープンに至った。

白を基調にした店内で、その中央には、ナチュラルで柔らかな輝きを放つ真鍮素材の櫓(やぐら)を組み上げたバーカウンターを設置。座席数63席には、ソファ席やハイテーブル席を用意して、気分に合わせて利用することができる。

ブルーボトルコーヒーとは

ブルーボトルコーヒーは、アメリカ・カリフォルニア発祥で、“サードウェーブコーヒー”の代表格と言われている「デリシャスネス」「ホスピタリティ」「サスティナビリティ」という信念に掲げ、ハンドドリップで丁寧にドリップしたコーヒーを提供。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングした コーヒー豆の販売を行っています。

⇒詳細はこちら

店舗基本情報

「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」
営業時間: 8:00~19:00
住所:神戸市中央区前町1
備考: 座席数63席
WEB: https://bluebottlecoffee.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. カフェレクセル、8月2日に三菱UFJ大阪ビルで御堂筋淀屋橋店をオープン

  2. 「マッチの喫茶展 in OSAKA」大阪市内のシカクで開催 6月16日から7月1日まで

  3. ノースショア、7月4日に神戸市須磨区で須磨ヨットハーバー店をオープン

  4. リロコーヒーロースターズ、7月7日に大阪の心斎橋で喫茶店をオープン

  5. Drip-X-Cafe ホテルヴィスキオ大阪店、6月6日にオープン

  6. 菓子工房真下、2019年1月下旬にボーンフリーメガストア横で移転オープン